~こだわりの逸品 シェフインタビュー~
かき氷ソースがトッピングされた新感覚の冷製パスタ開発秘話

お気に入り
みなさん、こんにちは。
 
東京ディズニーリゾートで楽しめるメニューの魅力の秘密を解き明かすブログシリーズ、「~こだわりの逸品 シェフインタビュー~」の第5弾をお届けします♪
 
今回ご紹介するのは、東京ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーにあるレストラン「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」で6月1日(火)から販売中の“シェフのおすすめパスタ 冷製パスタ、シュリンプとトマトのソース”です。
 
じつはこのメニュー、ソースを凍らせてかき氷にして冷製パスタの上にトッピングしている新感覚のメニューなんです。どのように開発されたのか、とても気になりますね。
 
冷静パスタの画像
 
このメニューを開発したスーシェフの山本さんに話を聞きました。
 
スーシェフの山本さんの画像
 
-インパクトの大きいメニューですね。かき氷がのったパスタという斬新なアイディアを思いついたきっかけがあれば教えてください。
ランチやディナーなどの食事を通して、ゲストのみなさんに夏の厳しい暑さを「おいしさ」で乗り切っていただきたいと思い、いままでにない冷製パスタの開発に取り組みました。
通常の冷製パスタは、時間が経つと麺が固まってしまいやすいのですが、パスタソースをかき氷にすれば、時間が経つにつれて徐々にソースが溶けだし、麺になじむことで麺がほぐれやすくなるので、暑い日でも最後のひと口までひんやりとおいしく召し上がっていただけるのでは?と思い試作を始めました。
 
-最後のひと口までおいしく味わうための工夫だったのですね。開発の過程で試行錯誤したことがあれば教えてください。
かき氷のベースを何にするかは特に悩みました。最初はミネストローネスープを凍らせてみようと試みたのですが、イメージ通りの味わいにならず、最終的には、フレッシュなトマト自体をジュース状にして氷をつくり、濃厚なトマトの味わいを楽しんでいただけるようにしました。
この氷には隠し味にレモンの酸味を加えており、夏にさっぱり食べやすくなるようにしました。また、氷をふわふわの見た目と食感にするために何度も試作を重ねました。
 
-暑い日には、ふわふわの氷に食欲をそそられますね。ほかにもこだわったことはありますか?
じつはこの「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」、ザンビーニ兄弟がワインの製造所とオリーブの圧搾所を改装してつくったレストランというテーマなんです。
そこで今回の冷製パスタも、このレストランらしく黒オリーブの実をパスタの中に入れました。
 
-最後にこのパスタの楽しみ方を教えてください。
最初のひと口では、かき氷ソースのトマトの酸味とひんやり冷たい氷の食感を味わっていただきたいです。
さらに、かき氷ソースをパスタに絡めながら食べ進めることで、酸味が和らぎまろやかな味わいへの変化を楽しんでいただけます。最後のひと口までひんやり冷たいので、暑い日の食事にぴったりだと思います。


真夏のパークにぴったりの新感覚のかき氷ソースをのせたパスタは、最後までおいしく味わえる工夫がされたこだわりの逸品でしたね。
ぜひパークに訪れた際にはチェックしてみてください♪

>> 東京ディズニーシー「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」のメニューについてくわしくはこちら
>> 東京ディズニーシー「暑い夏にぴったりのひんやりメニュー」についてくわしくはこちら
 

Food Division A.M.

【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索