東京ディズニーランドと「Sadaharu AOKI paris」のコラボレーションメニュー
開発者インタビューを大公開!(前編)

お気に入り
みなさん、こんにちは。

2021年3月30日から東京ディズニーランドで販売している、フランスで人気のパティスリー「Sadaharu AOKI paris」とのコラボレーションメニューをご存じですか?
見た目も味もこだわりをたっぷり詰め込んで開発した、東京ディズニーランド史上初のコラボレーションメニューで、ぜひ新しい魅力を味わってくださいね♪

さて、今回はコラボレーションメニューの開発を行った東京ディズニーランドのシェフパティシエである五十嵐豊氏と、「サダハルアオキ」のパティシエである青木定治氏にインタビューをしてきました!お二人から、コラボレーションのきっかけやメニューのこだわりについて、たくさんお話をうかがってきましたよ。前編、後編の2回に分けてお届けします。
これを読んだら、さらに深くメニューを楽しめること間違いなしです☆

青木さんと五十嵐さんの画像

― まず、今回の東京ディズニーランドと「サダハルアオキ」のコラボレーションメニュー販売に至ったきっかけを教えてください。

五十嵐:きっかけは2つあります。2020年9月に、東京ディズニーランドにディズニー映画『美女と野獣』をテーマとした新しいエリアがオープンしました。その映画の舞台であるフランスにちなんだメニューを作りたいと思ったのが、1つ目のきっかけです。また同時に、パークで販売するメニューの新しい魅力やおいしさをゲストのみなさんに届けたいという思いがありました。その2つの思いを実現させる方法を模索している中で、「メニューを通して人々を笑顔にしたい」という東京ディズニーランドのレストランと同じ価値観を持つ、フランスで人気のパティスリー「サダハルアオキ」と一緒にメニューを開発したら面白いのではないかと考え、青木さんにお声がけしました。

青木:五十嵐さんからコラボレーションの話をいただいたときには、断る理由がないと思いましたね。
子どもの頃から東京ディズニーランドが大好きで、特にサービスの質の高さに対して日頃からリスペクトの気持ちを抱いていました。
「サダハルアオキ」と同じく多くのみなさんからの期待がとても高い東京ディズニーランドのメニューで、さらにディズニー映画『美女と野獣』の世界観を表現するためのお手伝いができ、とてもうれしく思っています。
じつは「サダハルアオキ」のスタッフたちも、コラボレーションの話をしたとき、みんな大喜びだったんですよ!

青木さんと五十嵐さんがリモートで通話している画像

― 東京ディズニーランドと「サダハルアオキ」は同じ価値観を共有しているとのことですが、メニューを開発する上でお二人が普段から大事にしていることを教えてください。

五十嵐:私は、レストランのコンセプトやテーマ性、キャラクターモチーフといった“東京ディズニーランドらしさ”の中に、最新のトレンドを取り入れながらメニュー開発をすることを意識しています。
また、子どもから大人まで幅広い年代の方がパークに遊びに来てくれるので、老若男女に好まれる、なじみのある食材を選ぶことも大事にしていますね。

青木:私は、お客様にスウィーツを楽しんでいただくために、まずは自分自身が楽しんでスウィーツ作りをすることを大事にしています。そして、「サダハルアオキ」のスウィーツを召し上がったお客様がその美味しさや喜びを他の方と共有してくださったら、私もうれしいです。
特にフランスには「サダハルアオキ」の定番メニューが好きだと言ってくださるお客様がたくさんいらっしゃるので、定番メニューを作り続けることも大事にしています。ただ、定番メニューを作り続けると言っても、見た目や味を少しずつ進化させているんです。食べるたびに少し違いを感じてもらうことでお客様に驚きを与えたいと思っています。

― ではここから、今回のコラボレーションメニューについて具体的におうかがいしていきます。なぜこの6種類のラインアップにしたのですか?

五十嵐:まず、「サダハルアオキ」の要素をどう東京ディズニーランドらしく表現するか?ということをポイントにラインアップを考えていったのですが、「サダハルアオキ」と言えば、日本の抹茶を使用したメニューや独自のレシピで作られたパイが特徴的なので、その要素は絶対に入れたいと思いましたね。また、フランスのパティスリーではパンやキッシュなども提供するため、今回のラインアップではスウィーツだけでなくミールも取り入れました。そして、多くのゲストのみなさんに気軽に楽しんでいただきたかったので、ワンハンドメニューを多くラインアップしています。

6種類のコラボレーションしたメニューの画像

― 五十嵐さんが考案したメニューのラインアップを聞いて、青木さんはどのように感じましたか?

青木:フランス菓子というのは、生地とクリームの組み合わせ方やバランスが肝なのですが、今回のラインアップはその組合せが絶妙だったので、とても良いと思いましたね。
味のバリエーションも豊富でしたので、多くのゲストのみなさんが楽しめるのではないかと思いました。


前編はここまでです!
いかがでしたでしょうか?今回は、コラボレーションに至った背景や、お二人が大事にされている価値観を中心とした内容でした。
後編では、それぞれのメニューのポイントや、お二人のお気に入りのメニューについてのインタビューをお届けします。
8月上旬に公開予定ですので、どうぞお楽しみに☆
 
  • メニューの内容は予告なく変更になる場合があります。また、品切れや販売終了の際はご了承ください。

>>東京ディズニーランドと「Sadaharu AOKI paris」のコラボレーションメニューについてくわしくはこちら

 
Food Division A.N.
【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索