東京ディズニーランドにはアメリカの水が流れている!?

お気に入り

東京ディズニーリゾートは31年目の春を迎えています。
1983年4月15日に誕生した東京ディズニーリゾートは、昨年度“ザ・ハピネス・イヤー”と銘打ち、
記念すべき30周年をたくさんのゲストのみなさんといっしょにお祝いさせていただきました。

東京ディズニーランドのグランドオープン当時、テーマランドはワールドバザール、アドベンチャーランド、ウエスタンランド、
ファンタジーランド、トゥモローランドの5つしかなく、アトラクションの数も現在と比べると8つ少ない32施設でした。

アメリカ河にミシシッピ河の水が注がれている画像
 

グランドオープンを間近に控えた春の日、ウエスタンランドで「蒸気船マークトウェイン号」の就航式が行われました。
このとき、船上からひと瓶の水がアメリカ河に注がれました。アメリカのミシシッピ河の水です。
アメリカ河に命が宿った瞬間でした。

アメリカ河の看板

「蒸気船マークトウェイン号」の画像
 

アメリカ河は英語ではRivers of Americaと言います。これは、あるひとつの河のことではなく、
かつて、ミシシッピ河の先に広がる広大な大地に挑んだ開拓者たちの精神(フロンティアスピリット)を受け継ぐ河なのです。

シンデレラ城前のキャストの画像

国や文化は違えど、このフロンティアスピリットは私たち、東京ディズニーリゾートのキャストにも息づいています。
常に新しい楽しみを考えながらも、1983年にはじめてゲストのみなさんをお迎えした時の新鮮な気持ちを忘れず、
これからもハピネスを世界中のみなさんにお届けしていきます。

「私はディズニーランドが、幸福を感じてもらえる場所、大人も子どもも、ともに生命の驚異や冒険を体験し、
楽しい思い出を作ってもらえるような場所であってほしいと願っています」
“I think what I want Disneyland to be most of all is a happy place – a place where adults and children can experience together some of the wonders of life, of adventure, and feel better because of it.” Walt Disney
 

>>ウォルト・ディズニーについてもっと知りたい方はこちら
 


Resort Creation Department Y.I.

【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索