東京ディズニーリゾート・アンバサダー ブログ

お気に入り
みなさん、こんにちは。

東京ディズニーリゾート・アンバサダーの野口 歩美です。
太陽の日差しがキラキラと輝く季節になりましたね。あたたかな陽気に誘われて、足取りも軽やかになるような気がします!

さて、前回のアンバサダーブログ「テーマグリーティングを巡る旅」はお楽しみいただけましたか?
今回は第2弾ということで、東京ディズニーシーのテーマグリーティングをみなさんにご紹介します。
東京ディズニーシーでは、あいさつでさまざまな国を巡ることができるんですよ。私も朝からさまざまなテーマポートを巡ってきました!海外旅行をしているような気分でお楽しみくださいね。
それではさっそく行ってみましょう!

まずはロマンティックな南ヨーロッパの港町、メディテレーニアンハーバーにやってきました。

「リストランテ・ディ・カナレット」のキャストの画像
「チャオ!」「ボン・ジョルノ!」
運河の美しい景色を楽しめるレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」では、イタリア語であいさつをしてくれました。これから冒険の旅へ出かけるみなさんを温かい雰囲気でお迎えしています。
運河を進むアトラクション「ヴェネツィアン・ゴンドラ」のゴンドリエたちに「チャオ!」と声をかければ、きっと明るい笑顔で応えてくれるはずですよ。

つづいては20世紀初頭のアメリカ、ニューヨークへ。ひと際大きなショップ「マクダックス・デパートメントストア」に行ってみましょう。

「マクダックス・デパートメントストア」のキャストの画像
「グッドモーニング!」
ここでは英語であいさつをしていますね。かわいらしいダッフィー、シェリーメイとともに迎えてくれました。
活気あふれるニューヨークの街並みの中で、「グッドモーニング!」と元気にあいさつをすれば、新しい素敵な出会いがあるかもしれませんね。

さて、中央アメリカのジャングル、ロストリバーデルタにやってきました。さまざまな遺跡に囲まれ、木々の間からは虫や野生動物たちの声が聞こえてきます。

「ロストリバーアウトフィッター」のキャストの画像
「ブエノス・ディアス!」
ショップ「ロストリバーアウトフィッター」ではディズニー映画『ライオン・キング』のシンバとともに、スペイン語で元気に声をかけられました。
家族や友人のようにゲストのみなさんをお迎えしたいという彼らのあいさつは、明るくエネルギッシュに声をかけるのがポイントだそうです!

次は、魔法と神秘に包まれたアラビアンナイトの世界、アラビアンコーストに行ってみたいと思います。

アラビアンコーストのキャストの画像
「サラ―ム!」
優しい笑顔とともに、アラビア語であいさつをしてくれました。この「サラ―ム」には平安や平和という意味があるそうです。
あいさつの言葉に、相手の幸せを願う優しさと思いやりが込められているんですね。

最後に、天才科学者ネモ船長の研究所が隠されている、ミステリアスアイランドに行ってみましょう。みなさんはここだけの特別なあいさつを知っていますか?
一緒に「モビリス!」と声をかけてみましょう。「モビリス!」

「センター・オブ・ジ・アース」のキャストの画像
「モビリ!」
凛々しい動作とともに応えてくれましたね。
この「モビリス」「モビリ」はネモ船長のモットーであるラテン語の「Mobilis in Mobili」(変化をもって、変化する)という言葉がもとになっていて、お互いに左手を右胸に当ててネモ船長の名前の頭文字“N”を作りながら、「モビリス!」「モビリ!」とあいさつを交わします。

「センター・オブ・ジ・アース」のキャストと野口さんの画像
アトラクション「センター・オブ・ジ・アース」でも仲間同士でこのあいさつをすれば、地底探険に出発する勇気がわいてきそうですね!

さて、テーマグリーティングを巡る旅はいかがでしたか?
みなさんも東京ディズニーリゾートを訪れたときには、元気なあいさつでキャストに声をかけてみてくださいね。
そして、思い出に残る素敵なひとときをお過ごしください☆


>>東京ディズニーリゾート・アンバサダーについてはこちら
>>過去のブログについてはこちら
 
2019-2021年
東京ディズニーリゾート・アンバサダー
野口 歩美
【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索