【花と緑の散策】

お気に入り
東京ディズニーリゾートには四季折々に見ごろを迎える植物がたくさん!
今の季節にパークで見ることができる植物をご紹介します。
 
<東京ディズニーランド>
 
フォッサギラ・マヨールの画像

フォッサギラ・マヨールの画像

【フォッサギラ・マヨール:Fothergilla major】

科名/属名:マンサク/フォッサギラ
原産地:北アメリカ
見頃:4月中旬~5月初旬
場所:「白雪姫のグロット」付近/ファンタジーランド

 
春にブラシ状の白い花がつきます。マンサクに似た葉は、秋に紅葉も楽しめます。強健で、パークでは病害虫にかかったことはありません。日当たりが良いところであれば、ご自宅でも簡単に栽培ができます。
「白雪姫のグロット」付近では、白雪姫の雪のような白い肌をイメージし、白い花を使うようにしています。
 
ディズニーランドローズの画像

ディズニーランドローズの画像

【ディズニーランドローズ:Rosaceae rosa ‘Disnyland Rose’】

科名/属名:バラ/バラ
原産地:アメリカ(作出地)
見頃:5月~6月
場所:プラザ周辺/ワールドバザール

 
フロリバンダ系統のバラで四季咲き性の品種です。作出は2003年です。花弁はオレンジで、開花の進行により花弁の外側からピンク色になっていきます。
中級者以上の方向けのバラで、しっかりと管理すれば華やかで株いっぱいの花を楽しむことができます。花の色はオレンジ色で、咲きながら徐々にピンク色とミックスになっていくという、とっても個性にあふれた素敵な花です。
 
 

<東京ディズニーシー>
 
フジの画像

フジの画像

【フジ:Wisteria floribunda】

科名/属名:マメ/フジ
原産地:日本
見頃:4月下旬~5月初旬
場所:「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」付近/メディテレーニアンハーバー

 
日本人が親しんできたメジャーな花木のひとつです。花色は、紫や白、紅色など多様にあり、連なった花の長さは数10cmですが、長いものだと2mになるものもあります。
日当たりの良い場所に枝を伸ばすことがポイントです。花の美しさとともに、藤棚の下に入ったときに漂う上品な香りは本当に素晴らしいです。
家紋や文様にも多く用いられ、日本の文化に深く根付いているフジの花。アメリカや中国原産のフジとともに、日本のフジもヨーロッパで人気があり、「ザンビーニ・ブラザーズ・リトランテ」の屋外にあるダイニングエリアにも植えられています。
 
ナンジャモンジャの画像

ナンジャモンジャの画像

【ナンジャモンジャ:Chionanthus retusus】

科名/属名:モクセイ/ヒトツバタゴ
原産地:本州中部、対馬、韓国、中国、台湾
見頃:5月
場所:「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」付近/メディテレーニアンハーバー

 
花が咲くまでは目立たず平凡な落葉樹ですが、属名のChionanthusが雪の花を意味すると言われているとおり、樹が純白の花で覆われると、存在感が一変します。病害虫もほぼなく育てやすい木ですが、お日さまが大好きな木なので、日当たりの良いところに植えてあげるとよりたくさんの花を付けてくれます。
元々日本では特定の地域にしか自生していない植物で、その中でも有名な自生地が長崎にあります。花が咲くこの時期には、レストラン「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」でおいしいワインとザンビーニ3兄弟の料理を、この花を見ながらいっしょに楽しんでくださいね。

—————————————————
 ※パーク状況によって、予告なく植物が植え替えになる場合があります。ご了承ください。
—————————————————

>>過去の【花と緑の散策】の記事はこちらから
 
Engineering Division T.S.
Photos by Y.I./ N.N./R.O.
【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索