あなたはどれが気になる?
カプセルトイのマシーンをご紹介!

お気に入り
みなさん、こんにちは。
突然ですが、みなさんはパーク内にカプセルトイのマシーンが5台あることを知っていますか?
実はこのマシーンにはそれぞれ名前が付いているんですよ!
今日は、そんなカプセルトイのマシーンについてご紹介します!
 
まずは、東京ディズニーランドの「ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム」の店内にあるカプセルトイのマシーンから。
「ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム」付近のマップ

カプセルトイのマシーンの画像

コミカルでカラフルなロボットのような形が楽しいこちらのマシーンの名前は、「ワッキー・ギャグ・オ・マティック」。
何だか、ロボットが「どのカプセルを出そうかな」って考えているみたいに見えますね。ヘンテコなネーミングの通り、左右でレバーのデザインが異なっていたり、ランプの点滅や音などの仕掛けがおもしろいんです♪
コインを入れるときやカプセルが出てくるときは特に楽しい音がするので、聞き逃さないでくださいね! あれ?いま、ウシが鳴かなかった!?


次に、「トレジャーコメット」の店内にあるカプセルトイのマシーンがこちら。
「トレジャーコメット」付近のマップ

カプセルトイのマシーンの画像

未来的で宇宙を彷彿させるような形がワクワクするこちらのマシーンの名前は、「コメットディスペンサー」。
その名の通り、惑星が次々と飛び出してくる自動販売機みたい♪コインを入れて赤いボタンを押せば、音と光がまるで宇宙空間にいるかのようですね。
 

次に、「アドベンチャーランド・バザール」の店内にあるカプセルトイのマシーンがこちら。
「アドベンチャーランド・バザール」付近のマップ

カプセルトイのマシーンの画像

オリエンタルな模様のマシーンの上には大きなトランクが置かれていますね。こちらのマシーンの名前は、「キング・ルイのトラベルチェスト」。
ディズニー映画『ジャングル・ブック』に登場するキング・ルイは人間になりたいサルたちの王様なので、きっと人間たちが作った品を宝物として保管しているのかもしれませんね。
みてみて!マシーンの模様をよく見ると、赤い花がデザインされていますよ。
もしかして、キング・ルイが一番欲しがっていた赤い花(火)をデザインしているのかな?
 
 
続いて、東京ディズニーシーの「マーメイドトレジャー」の店内にあるカプセルトイのマシーンがこちら。
「マーメイドトレジャー」付近のマップ

カプセルトイのマシーンの画像

マーメイドラグーンのトリトンズ・キングダムにある「マーメイドトレジャー」は、ディズニー映画『リトル・マーメイド』で、アリエルと彼女の姉たちがコンサートの身支度をしたドレッシングルームを改装して作ったショップです。なので、このカプセルトイのマシーンの名前は、「アリエルのワードローブ」。よく見ると、パールのネックレスや時計など、海底に沈んだ船から見つけたアリエルの宝物が飾ってあります。あれ?ろうそくを立てる燭台にスプーンやフォークが刺さっていますね!
 
 
そして、最後の5台目、「タワー・オブ・テラー・メモラビリア」の店内にあるカプセルトイのマシーンがこちら。
「タワー・オブ・テラー・メモラビリア」付近のマップ

カプセルトイのマシーンの画像

豪華な彫刻と鮮やかなクジャクの柄が美しいこちらのマシーンの名前は、「ピーコックファウンテン」。“ピーコック”とは綺麗な羽根をもつ雄のクジャクのことで、“ファウンテン”とは噴水や泉のことです。「タワー・オブ・テラー・メモラビリア」は、もともとホテルハイタワーの室内プールだった場所を作り変えてできたショップで、いまでも店内の壁には当時の壁画がそのまま残されています。ハイタワー三世は室内プールを装飾する際にインドのモチーフを用いたそうで、カプセルトイのマシーンにも幸運のお守りとして考えられていた象の彫刻や幾何学模様がとても神秘的に施されています。
ボタンを押すタイプのマシーンなので、購入の仕方にも上品さが感じられますね。
 
 
いかがでしたか?
カプセルトイのマシーンは見たことがあるけど、名前までは知らなかったという方も多いのではないでしょうか?名前を知っているだけで、いろいろなストーリーが見えてきそうですね!
カプセルトイのマシーンで購入できるグッズはショップによって異なります。季節や時期によってもグッズの内容が変わりますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪


>>ブログでご紹介したお店はこちら

Merchandise Division M.K. 
【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索