シンデレラ城前のプラザにいながら、パークを一周できちゃう?スゴ技の持ち主!

お気に入り

みなさん、東京ディズニーランドへようこそ!

こちらは、東京ディズニーランドの開園当初からパークでみなさんをお迎えしてきた「オムニバス」です。
“Tokyo Disneyland Transportation Company(東京ディズニーランド交通会社)” が運営しているこの「オムニバス」、どこかで見たことがあると思うみなさんも多いのでは?
ロンドンを走る2階建てバスに似ていますよね。

「オムニバス」全体の画像

 

車体の外装の画像

 

うん、確かに。
でも、パークの「オムニバス」は、ニューヨークの5番街で1920年代まで運行されていた、1908-1912年製の2階建てバスを、8分の5サイズにしたものなんです。
ハンドルやアクセル、ブレーキペダルは、日本の仕様に従って右側に取り付けられていますが、車体の外装はすべて本物と同様にデザインされているんですよ。

そして、パークの「オムニバス」の外装と内装には、当時の2階建てバスに見られた広告の代わりに、各テーマランドのポスターや写真が掲示されています。

外装に掲示されている各テーマランドのポスターや写真画像

ところで、この「オムニバス」という名前は、“万人を運ぶ”という意味のフランス語“voiture omnibus”が語源で、1819年のパリに登場した乗合馬車を意味する言葉なんです。
そして、この“オムニバス”が現在の“バス”の語源にもなっているそうですよ!
よく耳にする映画や音楽の短編をまとめた“オムニバス形式”という言葉も、ここからきているんです。

 

そうそう、「オムニバス」をパークに走らせようというのはウォルト・ディズニーの提案だったそうですよ。
ディズニーランドで人気を博したオムニバスは、東京ディズニーランドにもちゃんと引き継がれ、この35年間変わることなくみなさんをお迎えしているんです。

35周年のお祝いにわく夏真っ盛りのプラザを、のんびりと走ってみてはいかがですか?

 

>>東京ディズニーランド「オムニバス」についてはこちら

 

Resort Creation Department O.H.

【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索

皆様のお声をお聞かせください。

閉じる