幸運を手にした男「ラッキー・ジョーンズ」とは・・・!?ラッキーナゲット・カフェの思い出を振り返ろう!

お気に入り

 

1850年代の初め頃、一獲千金を夢見て、ゴールドラッシュで賑わうアメリカ西部にやって来たジョーンズという1人の男。彼は、鉱山の町で料理人として働き、収入を得ていました。
ある日のこと、彼はビッグサンダー・マウンテンのふもとを流れる小川で鍋を洗っている時に、大きなナゲット(金塊)を発見!そして炭鉱夫たちのためのレストランを開きました。

 

東京ディズニーランドのウエスタンランドにある「ラッキーナゲット・カフェ」の外観

フライドチキンやフライドポテトなどを提供している、アメリカの西部開拓時代を思わせるこのレストランは・・・
そう、東京ディズニーランドのウエスタンランドにある、「ラッキーナゲット・カフェ」です☆

彼が手に入れたのは、ほんの一塊のナゲットでしたが、それを元手に自分のレストランをオープン♪なんと、本物の金脈を発見したのと同じぐらいの利益を上げることができました!
そんな大きな幸運を手にした彼のことを人々は “ラッキー・ジョーンズ”と呼ぶようになりました。

 

アメリカ河に面したテラス席からは、優雅にカヌーや蒸気船を眺めることができます♪

「ラッキーナゲット・カフェ」のアメリカ河に面したテラス席

 

豪快にかぶりつきたくなる“フライドチキン”や“スモークターキーレッグ”、ちょっとした休憩にもぴったりな“ミッキーチュロス(シナモン)”やアメリカの伝統的なお菓子をアレンジした“クリームチーズ・ブラウニー”などなど!
みなさんにも、お気に入りのひと品があるのでは?

東京ディズニーランドのウエスタンランドにある「ラッキーナゲット・カフェ」の“フライドチキン”や“スモークターキーレッグ”の画像

そうそう!あつ〜い今の季節には、ひんやり冷たいシェイブアイスもはずせません♪
アメリカ河からの爽やかな風を感じながら、木陰で食べるシェイブアイスの味は格別です!

 

ジョーンズは、お店の横にショーを上演できる屋根つきのステージも作りました。

「ハッピーハロウィーン・アミーゴス!」

スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」の「ハッピーハロウィーン・アミーゴス!」(2014)は、記憶に新しいですね。

 

さらに遡ってみると、いろいろなショーがありました☆

「フロンティア・ポッシ・バンド」

フロンティア・ポッシ・バンド(1998~)

「キッキン・カントリー」

キッキン・カントリー(1997~)

「ペコス・グーフィーのバーンダンスパーティー」

スペシャルイベント「ペコス・グーフィー西部を行く!」の「ペコス・グーフィーのバーンダンスパーティー」(1996)
今ではすっかり定番のスモークターキーレッグが登場したのはこの頃ですね!

 

「サンシャイン・カウボーイズ」

サンシャイン・カウボーイズ(1993~)

「ラッキーナゲット・スタンピード」

ラッキーナゲット・スタンピード(1991~)

「ブルーグラスグループ」

ブルーグラスグループ(1987~)

この他にも「ハーモニーフレンズ」など、ゲストのみなさんが舞台にあがって、歌やダンスを披露する公演もありました☆

 

思い出のワンシーンは見つかりましたか?

西部の人々に愛されてきた「ラッキーナゲット・カフェ」は、2015年秋にクローズ予定です。
ぜひ、この夏の思い出にも「ラッキーナゲット・カフェ」でのワンシーンを加えてくださいね♪

 

 

Food Division Y.M.

【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索