今シーズンが最後のお披露目!
“世界で1番幸せなクリスマスクルーズ”

お気に入り


メリークリスマス♪

東京ディズニーリゾートは1年で1番キラキラと美しいシーズンを迎えています。肌寒くなったパークは空気も澄んで、イルミネーションがますます輝きを放っています♪

「イッツ・ア・スモールワールド“ベリーメリーホリデー”」の画像
 

こちらは東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド“ベリーメリーホリデー”」。雪の結晶やクリスマスリースを飾った壁面の中央では、いつも以上に幸せそうな表情のスモールワールド・クロックがサンタ帽をかぶりながらゆっくりと時を刻んでいます☆


イルミネーションの画像
イルミネーションがシャワーのように降り注ぐ乗り場から“世界で1番幸せなクリスマスクルーズ”に出発!今回はふたつの地域のクリスマスをご紹介しますね。


ヨーロッパのクリスマスの画像
まずは、ヨーロッパのクリスマス。
エッフェル塔を越えた所には、くるみ割り人形が立っています。両脇には少女とネズミの王様。そう、これはバレエでもおなじみの「くるみ割り人形」!クリスマスプレゼントとして贈られたくるみ割り人形をめぐるファンタジックなお話です。
 

スペインのクリスマスの画像
反対側にはスペインのドン・キホーテとサンチョ・パンサが!いつものショーにもこのふたりは登場しますが、よーく見てみてください。ドン・キホーテの馬にはトナカイのような角が生え、鼻には赤いライトが付いています。このように、いつもと違うところを発見するのも楽しいですよ♪
 

南太平洋の島々のクリスマスの画像
南太平洋の島々のシーンに入ると、一風変わったサンタクロースがお出迎え!これはポリネシアの神さま「チキ」のようですね。竹の棒で書かれた文字はハワイの言葉でメリークリスマスを意味する“メレ・カリキマカ”。他にも、ヒトデをポインセチアに見立てたり、トロピカルフルーツをオーナメントとして飾ったりと、常夏の島々では北半球のクリスマスとはまったく様子が違います。
 

実はこの「イッツ・ア・スモールワールド“ベリーメリーホリデー”」、今シーズンが最後のお披露目となります。何度体験しても新たな発見があるクリスマスクルーズ、みなさんも、ぜひいらっしゃってくださいね♪
 

トナカイとサンタクロースの画像

 

 

Resort Creation Department Y.I.

【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索