【花と緑の散策】

お気に入り

東京ディズニーリゾートには四季折々に見頃を迎える植物がたくさん!
今の季節に東京ディズニーランドで見ることができる植物を担当者のコメントとともに紹介します。

カイズカイブキの画像

【カイズカイブキ:Juniperus chinensis var. Kaizuka】
科名/属名:ヒノキ/ビャクシン 原産地:日本~中国 見頃:通年 
場所:トゥーンパーク(トゥーンタウン)

非常に丈夫で強光線が必要な他は、土質も選ばず乾燥にも多少の過湿にも耐えます。成長は遅いですが手を入れないと、らせん状に枝が暴れてキレイな姿ではなくなってしまいます。
塩害に強い植物なので、パークでもたくさん活躍している植物です。
え?「ソフトクリームに見える」ですって?ちなみにこの形になるまで5年はかかっています。

 

 

ヒメリンゴの画像

【ヒメリンゴ:Malus × cerasifera】

科名/属名:バラ/リンゴ 原産地:中国・ヨーロッパ 見頃:9~11月
場所:ミッキーの噴水周り(トゥーンタウン)

日当たりと水はけを好みます。寒さには強いですが、夏の暑さを嫌うので、西日に当てないようにしましょう。
おもちゃの様なかわいらしい実をたくさん付けてくれます。普通はたくさんなった次の年は実が少なくなるといわれますが、この場所の木はほぼ毎年同じように実を付けます。やはりディズニーマジックでしょうか♪

 

 

ヒイラギナンテンの画像

【ヒイラギナンテン:Mahonia japonica】
科名/属名:メギ/ヒイラギナンテン 原産地:中国・台湾 見頃:11~12月
場所:プーさんのハニーハント入口(ファンタジーランド)

半日陰ぐらいの場所が、1番葉のツヤが良く保てます。黄色い花も青い実もキレイなので、パークを華やかに彩ってくれる植物です。
成長が早くなく樹形も暴れないので、狭い場所でも観賞することができます。厚めの葉にトゲがあるので、この植物を見つけたらさわらないように気をつけてくださいね。

 


アリゾニカの画像

【アリゾニカ:Cupressus arizonica】
科名/属名:ヒノキ/イトスギ 原産地:アリゾナ~メキシコ 見頃:通年 
場所:ウエスタンランド・シューティングギャラリー前(ウエスタンランド)

日当たりを好み過湿を嫌うので、土を盛り上げるようにして植えます。水やりはいりませんし、病害虫もほとんどありません。夏の高温多湿には弱いので気をつけましょう。
青灰色の葉が砂漠地帯の荒涼としたムードを高めてくれます。ビッグサンダー・マウンテンの色合いにアクセントを与える貴重な樹木です。

 

 

ハクサンボクの画像

【ハクサンボク:Viburnum japonicum】
科名/属名:スイカズラ/ガマズミ 原産地:日本~台湾 見頃:11~12月
場所:トゥーンタウン内パレードルート

日当たりの良い場所が好きですが、半日陰ぐらいまでは耐えられます。水はけが良く肥沃な土を好みます。暖地の植物なので関東より北では露地で冬を越すのは難しいです。
テリのある葉と、白い花、赤い実が印象的な常緑樹ですが、なんと葉が散るときは赤くなって、紅葉も楽しませてくれます。

 

 

—————————————————
 ※パーク状況によって、予告なく植物が植え替えになる場合があります。ご了承ください。
—————————————————
>>過去の記事はこちらから
 

Engineering Division Y.K.
Photo by Y.I. / E.N.


【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索