ココロもおどる!
水のダンス♪

お気に入り

ニューヨークの空にそびえる建物やにぎやかな港に囲まれた公園、「ウォーターフロントパーク」。
四角い広場の中央から音楽に合わせて 飛び出す水しぶきも、歓声を上げながらたわむれる子どもたちも、まるで踊っているようです♪
さすが、エンターテイメントにあふれる街ならではの光景ですね!

東京ディズニーシー「ウォーターフロントパーク」の画像

さて、今回はこの水しぶきの出所、「ウォーターフロントパーク・ファウンテン」のお話をしましょう。

時代は1898年にさかのぼります。
ある夏の日、大きな岩が広場のレンガの一部を押し上げているのが見つかり、作業員がつるはしを振り下ろすと、突然水しぶきがあがりました。公園を一時的に閉鎖して調査を行ったところ、この水は近くのハドソン川から流れ込んできた地下水で、川底の水流の満ち引きによって断続的に噴き出すことが分かりました。

当初、公園の職員はこの水しぶきをどうしたものかと悩みましたが、ニューヨーク市水道局の技術者たちが水流のコントロールに成功し、さらに、いくつもの噴出口を作って、さまざまなパターンの水しぶきを出せるようにしたのです。

この施設は翌1899年に完成し、公園の再オープンセレモニーが行われました。
そして、地下水を発見した作業員、ヴラディミール・ポピノフは功績を称えられ、噴水の飾り格子に名前が刻まれたのでした。

ヴラディミール・ポピノフの名前が刻まれた噴水の飾り格子の画像
 

夜にはライトアップも加わって、昼間とは別の表情を見せてくれるこの噴水。
燦々と降り注ぐ太陽のもとで元気に水とたわむれるのもよし、幻想的な光と水の競演を眺めるのもよし。ぜひ、今年の夏は「ウォーターフロントパーク・ファウンテン」にも足を運んでくださいね。

「ウォーターフロントパーク・ファウンテン」の夜景の画像

他にも、夏期はミストを噴射するクールスポットがあちこちに設置されますので、こちらもぜひご利用ください。

 

  • 強風や悪天候により、中止になることがあります。
  • 施設内および周辺のエンターテイメントプログラムの公演に伴い、休止または演出を変更することがあります。


 

Resort Creation Department K.Y.

【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索