オリンピックをきっかけに誕生したアトラクションって?

お気に入り

ロンドンオリンピックでは、たくさんの感動と興奮が生まれましたね。
実はウォルト・ディズニーもオリンピックにたずさわったことがあるんですよ。
1960年に北カリフォルニアで開催されたスコーバレー冬季オリンピックで開会式を演出したのです。

この出来事をきっかけに、ウォルトはスキーリゾート構想を練り始めます。
そして、そこにクマが出演するアトラクションを作ろうとしました。
残念ながらスキーリゾート計画は夢のまま終わってしまいましたが、そのアトラクションは場所を変え、テーマパークの中に誕生しました。
それが、東京ディズニーランドでもおなじみの「カントリーベア・シアター」です。

カントリーベアシアター外観

「カントリーベア・シアター」のクマたちは、世界をまたにかける売れっ子ミュージシャン。
ロビーには世界ツアーをおこなった時の新聞やスナップフォト、数々の受賞トロフィーも飾られていますので、ショーが始まる前にじっくり見てみてくださいね。

受賞トロフィーとバケーションジャンボリーのショーシーン

この「カントリーベア・シアター」には、3つのバージョンがあるんです。
カントリーウエスタンを歌い演奏する「カントリーベア・ジャンボリー」に加え、夏から秋にかけては「バケーション・ジャンボリー」、クリスマスシーズンには「ジングルベル・ジャンボリー」が上演されます。

曲目の違いはもちろん、コスチュームや小道具など見どころいっぱい。
特定のバージョンにしか登場しないレアキャラもいるのでお見逃しなく!

 

>>「カントリーベア・シアター」についてくわしくはこちら
 

Resort Creation Department Y.I.

【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索

皆様のお声をお聞かせください。

閉じる