【花と緑の散策】

お気に入り
東京ディズニーリゾートには四季折々に見ごろを迎える植物がたくさん!
今の季節に東京ディズニーシーで見ることができる植物をご紹介します。
 
ノースポールの画像

ノースポールの画像


【ノースポール:Leucanthemum paludosum】

科名/属名:キク/キク
原産地:北アフリカ
見頃:11~3月
場所:「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」付近(メディテレーニアンハーバー)


日当たりのよい場所を好むので、メディテレーニアンハーバーの広い場所に、水はけ(排水性)と水持ち(保水性)のよい土で植えるようにしています。ご自宅で育てる場合は、高温多湿を嫌うので水やりは控えめにして、蒸れに注意してください。開花期が長いので、パークでは途中で追肥をしてあげます。
本来春の花で5月ごろ一面に咲き誇る種類ですが、いつの間にか冬の花になってしまいました。東京ディズニーリゾートではパンジー、ビオラに次いで、冬季の早い時期に植えています。

 
スイートアリッサムの画像

スイートアリッサムの画像
 

【スイートアリッサム:Lobularia maritima】

科名/属名:アブラナ/ロブラリア
原産地:地中海沿岸
見頃:12~2月
場所:「カフェ・ポルトフィーノ」付近(メディテレーニアンハーバー)


水はけと通気性のよい土に植え、よく日に当ててあげています。パークではプランターに植えていますが、ご自宅で路地植えをする場合は過湿を嫌うので、根付いてしまえば水やりは不要です。あまり大きく伸びないので特にピンチ(摘芯)はしていません。
元々早春を彩る春の花でした。しかし、寒いうちに植えてもきれいに咲いてくれるので、パークではだんだん植え付け時期が早くなり、今ではすっかり冬の花です。

 
シマサルスベリの画像

シマサルスベリの画像
 

【シマサルスベリ(実):Lagerstroemia subcostata】

科名/属名:ミソハギ/サルスベリ
原産地:中国南部、台湾
見頃:11~3月
場所:「ブロードウェイ・ミュージックシアター」付近(アメリカンウォーターフロント)


耐暑性、耐潮性ともに強く土質も選ばず丈夫な樹です。ただ日に当たらないと花付きが悪くなり、サルスベリと違って大木になるので、「ブロードウェイ・ミュージックシアター」前の広い場所に植わっています。
実生(みしょう…種から育てること)でも繁殖しますが、花が咲くまで長くかかります。直立して綺麗な樹形のまま大木になり、皮の向けた樹肌もサルスベリと違い白く、まとめて植えると見応えがあります。ここニューヨークの街並みにも、とってもマッチしていますね。


——————————————————
※パーク状況によって、予告なく植物が植え替えになる場合があります。ご了承ください。
——————————————————

>>過去の【花と緑の散策】の記事はこちらから
 
Engineering Division Y.K.
Photos by M.M.
【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索