【花と緑の散策】

お気に入り

東京ディズニーリゾートには四季折々に見頃を迎える植物がたくさん!

今の季節に東京ディズニーランドで見ることができる植物を担当者のコメントとともに紹介します。

 

 「スイスファミリー・ツリーハウス」付近に咲くデュランタ「タカラヅカ」の画像

【デュランタ「タカラヅカ」:Duranta erecta cv. Takarazuka】

科名/属名:クマツヅラ/ハリマツリ 原産地:中南米 見頃:7~9月
場所:スイスファミリー・ツリーハウス付近(アドベンチャーランド)

日当たりと水はけの良い場所に植え、成長期には2カ月に1回肥料を与えます。成長が早いので、大きさに耐えきれず樹形が乱れてくることがあります。そのときは、お好みの形に剪定しましょう。
生育旺盛で、伸びが早く、温度さえあれば1年中いつでも花を咲かせます。個人庭には不向きかもしれませんが、アドベンチャーランドにはぴったりの植物です。

 

 

 「チャイナボイジャー」付近に咲くヤブランの画像

【ヤブラン:Liriope platyphylla】

科名/属名:ユリ/ヤブラン 原産地:東アジア 見頃:8~9月
場所:チャイナボイジャー付近(アドベンチャーランド)

日向でも日陰でもよく育つ、丈夫な植物です。地植えなら水やりも肥料もいりませんが、あまり日が当たらないと花つきが悪くなります。
日陰に強く常緑で、葉も光沢があり、しかもかわいい花まで咲かせます。景観を作る上でこれほど心強い植物はありません。

 

 

 プラザ  トゥモローランド側に咲くヤリゲイトウの画像

【ヤリゲイトウ:Celosia cristata var.childsii】

科名/属名:ヒユ/ケイトウ 原産地:熱帯アジア 見頃:8~9月
場所:プラザ  トゥモローランド側

日当たりと風通しの良い場所に植えましょう。過湿を嫌うので水のやりすぎにはご注意を。同じ場所でくり返し育てると次第に生育が悪くなっていく“連作障害”を起こすので、植える場所を変える必要があります。
ぐんぐんと背が高くなるのですが風に弱い一面も。周りに風除けになる植物や施設があるような場所を選んで植えるのが、長持ちさせる秘訣です。

 

 

 「チャイナボイジャー」付近に咲くスパティフィラムの画像

【スパティフィラム:Spathiphyllum sp.】

科名/属名:サトイモ/スパティフィラム 原産地:熱帯アメリカ 見頃:7~9月
場所:チャイナボイジャー付近(アドベンチャーランド)

真夏の強光線を嫌うので半日陰に置き、他の季節は日に当てます。水が好きなので乾燥には注意しましょう。
いろいろな品種がありますが、こちらは大きい部類に入ります。小さい物はお花屋さんでよく見かけますが、このくらいになると手前の植物の後ろからさりげなく花を見せ、立体的な風景を演出するのにちょうどいい大きさです。

 

 

 「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」入口付近にあるカラテアの画像

【カラテア:Calathea makoyana】

科名/属名:クズウコン/カラテア 原産地:ブラジル 見頃:6~10月
場所:ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション入口付近(アドベンチャーランド)

日差しが強いと葉焼けをおこすので、明るい日陰で育てます。乾燥するとせっかくのツヤツヤした葉の光沢がなくなるので、水やりに注意し、たまに霧吹きで葉を濡らしてあげると良いでしょう。
カラテアには「ゴシキヤバネバショウ」という和名が付いています。これは“五色の矢羽根みたいな柄のある、バショウに似た葉っぱ”という意味が込められているそうですよ。

 

-------------------------------------------------------
※パーク状況によって、予告なく植物が植えかえになる場合があります。ご了承ください。
-------------------------------------------------------

>>花と緑の散策ページはこちら


Engineering Division Y.K.
Photos by Y.I./E.N.

【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索