【花と緑の散策】

お気に入り

東京ディズニーリゾートには四季折々に見頃を迎える植物がたくさん!
今の季節に東京ディズニーランドで見ることができる植物を担当者のコメントとともに紹介します。

クリッターカントリーの入り口付近に咲くハナゾノツクバネウツギの画像1

クリッターカントリーの入り口付近に咲くハナゾノツクバネウツギの画像2

 

【ハナゾノツクバネウツギ:Abelia × grandiflora】
科名/属名:スイカズラ/ツクバネウツギ 原産地:中国 見頃:6~7月
場所:クリッターカントリー入口(クリッターカントリー)

水はけと日当たりを好むほかは非常に丈夫で、暑さにも乾燥にも刈込にも耐えます。花期も長く花は良い香りがします。成長が早いので好きな形に刈込むことができます。
和名の「ハナゾノツクバネウツギ」より学名の「アベリア」の方が短くて覚えやすいですね☆

 

 

「ホーンテッドマンション」付近に咲くルリタマアザミの画像1

「ホーンテッドマンション」付近に咲くルリタマアザミの画像2

【ルリタマアザミ:Echinops ritro】
科名/属名:キク/ヒゴタイ 原産地:南ヨーロッパ 見頃:7月
場所:ホーンテッドマンション 出口(ファンタジーランド)

日当たりを好みます。夏の暑さと多湿を嫌うので、水はけと風通しの良い場所に植えましょう。植えっぱなしだといずれ枯れてしまうので、2年に1回程度、植えかえと株分けを行います。
学名は「ハリネズミ」の意味だそうです。その名の通りトゲトゲした花が特徴的です。元は切り花なのでドライフラワーを作ると、美しく仕上がることでしょう。

 

 

「ホーンテッドマンション」付近に咲くブッドレアの画像1

「ホーンテッドマンション」付近に咲くブッドレアの画像2

【ブッドレア:Buddleia davidii】
科名/属名:フジウツギ/フジウツギ 原産地:中国 見頃:6~7月
場所:ホーンテッドマンション 前(ファンタジーランド)

1年中たっぷり日光が当たる場所に植えます。暑さにも寒さにも強いですが、過湿を嫌うので基本的に水やりは要りません。成長が早いので冬場に刈込みを行います。
洋風にも和風にもお似合いですが、「西洋の幽霊屋敷」のあやしい雰囲気にもなじんでいますよね。また、背が高いので立体感のある風景を演出するのにもぴったり。ただ生育旺盛なので、刈込むのに手間がかかります。

 

 

「チャイナボイジャー」付近のクワイズモ・アマゾニカの画像1

「チャイナボイジャー」付近のクワイズモ・アマゾニカの画像2

【クワズイモ・アマゾニカ:Alocasia × amazonica】
科名/属名:サトイモ/クワズイモ 原産地:熱帯アジア 見頃:6~9月
場所:チャイナボイジャー 付近(アドベンチャーランド)

半日陰ぐらいの場所に植えます。夏の強光線と日本の冬の寒さには耐えられません。水が好きなので、成長期は過湿気味に育てます。
アロカシアの仲間は、大きな葉や立派な根茎など見どころのある物が多いですが、その中でもこちらは格別に目立つ存在。花の咲く観葉植物に比べても遜色なく、寄せ植えなどにもってこいです。

 

「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール 」付近のペンタスの画像1

「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール 」付近のペンタスの画像2

【ペンタス:Pentas lanceolata】
科名/属名:アカネ/ペンタス 原産地:東アフリカ~アラビア半島 見頃:6~7月
場所:クイーン・オブ・ハートのバンケットホール 前(ファンタジーランド)

日当たりと水はけの良い場所に植えます。夏に葉が少々しおれても、水をやると復活するほど丈夫です。次々と花を咲かせるので、肥料切れに注意しましょう。
本来は常緑低木ですが、日本の冬を越せないので一年草として扱います。その代わり夏の暑さに強いので、他の花が疲れる真夏でも元気に咲き続ける貴重な花壇材料です♪

 

>>過去のブログはこちら

 

-------------------------------------------------------
※パーク状況によって、予告なく植物が植えかえになる場合があります。ご了承ください。
-------------------------------------------------------

 

Engineering Division Y.K.
Photos by Y.I./E.N.

【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索