【花と緑の散策】

お気に入り


東京ディズニーリゾートには四季折々に見頃を迎える植物がたくさん!
今の季節に東京ディズニーランドで見ることができる植物を担当者のコメントとともに紹介します。

 

 

シマカンスゲの画像

【シマカンスゲ:Carex morrowii var. albomarginata】
科名/属名:カヤツリグサ/スゲ 原産地:茨城以西 見頃:通年 
場所:イッツ・ア・スモールワールド前(ファンタジーランド)


丈夫で耐寒性もあり育てやすいですが、根が荒いので夏場の乾燥には注意が必要です。日向から半日陰まで普通に育ちます。
白斑が入ったキレイな葉が風にそよぐ姿は、優雅で心が癒やされますが、真冬の寒さや氷に耐える姿も去年の大ヒット映画のワンシーンようでオススメです。

 

 

 

パンジー フリズルシズルの画像

【パンジー フリズルシズル:Viola × wittrockiana】
科名/属名:スミレ/スミレ 原産地:ヨーロッパ 見頃:12~3月
場所:トゥーンタウン・デリバリー・カンパニー周辺(トゥーンタウン)


普通のパンジーより樹勢が弱く、寒さにも若干弱いようです。そのせいか咲き始めも他のパンジーに比べて遅めです。
このパンジーは「フリンジ咲き」といって、変わった花びらが特徴。色別に売っているフリンジ咲きパンジーはこの品種だけです。

 

 

 

キンギョソウの画像

【キンギョソウ:Antirrhinum majus】
科名/属名:ゴマノハグサ/キンギョソウ 原産地:地中海沿岸 見頃:12~3月
場所:ピノキオの冒険旅行付近(ファンタジーランド)


日当たりと風通しの良い場所で、水はけの良い土に植えます。花は水がかかると傷むので、水やりは根本にかけるようにしましょう。
本来は春の花なのですが、いつの間にかパンジー・ストックと並んで冬の花になってしまいました。こんなに薄い花びらで、冬の寒さに耐えられるすごい花です。

 

 

 

サクラジマダイコンの画像

【サクラジマダイコン:Raphanus sativus var.Sakurajima daikon】
科名/属名:アブラナ/ダイコン 原産地:地中海沿岸 見頃:12~2月
場所:グーフィーのペイント&プレイハウス(トゥーンタウン)


ご存知の通り、世界最大の大根として、ギネスブックにも登録されているサクラジマダイコン。深い砂壌土で栽培しますが、火山灰が入っていないと大きくならないとの説もあります。半年以上かけてじっくり大きく育っていきます。
葉も他の大根と違いちぢれて色が濃いのでひと目でわかります。火山灰も入っていないし、砂壌土でもないですが、ここまで大きくなりました。やっぱりトゥーンたちの力でしょうか?

 

 

 

カリフラワー ロマネスコの画像

【カリフラワー ロマネスコ:Brassica oleracea var. botrytis】
科名/属名:アブラナ/アブラナ 原産地:地中海沿岸 見頃:12~2月
場所:グーフィーのペイント&プレイハウス(トゥーンタウン)


ヨーロッパ原産なので、日本の雨が苦手で過湿に弱いです。水はけの良い土に植えてください。寒さにも弱いので注意が必要です。
変わった形がトゥーンタウンにピッタリですが、本当はこちらの方が古い品種のようです。  

—————————————————
 ※パーク状況によって、予告なく植物が植え替えになる場合があります。ご了承ください。
—————————————————
>>過去の記事はこちらから
 

 

Engineering Division Y.K.
Photo by Y.I. / E.N.


【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索