【花と緑の散策】

お気に入り

東京ディズニーリゾートには四季折々に見頃を迎える植物がたくさん!
今回は東京ディズニーリゾート30周年特集として、東京ディズニーランドの植物の成長や変化を過去の写真と共にご紹介します。


ワールドバザール(プラザテラス付近)に咲くアイスランドポピーの画像
 

【アイスランドポピー:Papaver nudicaule】(左の写真)
科名/属名:ケシ/ケシ 原産地:北半球の極地 見頃:3月~4月 
場所:ワールドバザール(プラザテラス付近)
日当りと水はけの良い場所を好みます。暑さに弱いですが寒さには強く、秋に種まきをすると1月頃から4月頃までに、色とりどりの花を次々と咲かせてくれます。肥料が好きな植物なので、多めに与えています☆
現在はパレードの鑑賞席になっているこの場所も、以前はパーク内で1番大きい花壇と、あおあおとした芝生が広がっていたんですよ。
 

クリッターカントリー付近のホルトノキの画像
 

【ホルトノキ:Elaeocarpus sylvestris var. ellipticus】
科名/属名:ホルトノキ/ホルトノキ 原産地:日本 見頃:通年 
場所:クリッターカントリー(左の写真撮影当時はファンタジーランド)
日当たりを好み、病害虫にも強い植物です。芽吹く力も強いので、枝を長く切り取る強剪定にも耐えられますが、千葉県以南の暖地に分布しているので、寒さには強くありません。
この木は、スプラッシュ・マウンテン建設時に移動する計画があったのですが、本来はもっと南方の木なので、移動すると枯れるかもしれないからと、この場所に残してもらいました。
 

トムソーヤ島の樹木の成長の画像

【トムソーヤ島の樹木の成長】(ウエスタンランド)

年月がたって樹木が大きくなるのは当然ですが、これはずいぶん極端に大きくなりました!
昔は広々と遠くまで見渡せたようですが、その分さびしく感じますね。
 

「トムソーヤ島いかだ」の乗り場の画像
 

この写真がどこだかわかる人も、一瞬目を疑ってしまうのではないでしょうか?ここは「トムソーヤ島いかだ」の乗り場前ですが、当時は「スプラッシュ・マウンテン」がなかったのです!信じられないかもしれませんが、オープン当時は「ビッグサンダー・マウンテン」も「トゥーンタウン」もなかったんですよ。東京ディズニーランドは、決して完成する事のない夢と魔法の王国なのですね♪

 

—————————————————
 ※パーク状況によって、予告なく植物が植え替えになる場合があります。ご了承ください。
—————————————————
>>過去の記事はこちらから
 


Engineering Division Y.K.
Photo by Y.I.

【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

SNSで友達にシェアしよう♪

ブログ内検索