• ある日、ダッフィーはダンスの練習をしている
    ウサギの女の子に会いました。
    『ころびそう、だいじょうぶかな』

  • ステラ・ルーという名前のその子は
    ダッフィーに言いました。
    『ダンサーになるのが夢なの』

  • 『夢って眠っているときに見るものじゃないの?』
    『いつかこうなりたいって願うのも夢よ』

  • ステラ・ルーはまた踊りはじめました。
    『君は星のようにかがやいているね』
    ステラ・ルーは夢がちょっとだけ
    近づいた気がしました。