東京ディズニーランド

イイギリ 熱帯植物が生い茂る冒険とロマンの世界 アドベンチャーランド
晩秋から初冬にかけて、美しく真っ赤なブドウの房のような実をつけるイイギリ。なめらかな灰白地に茶色の節目が目立つ幹も特徴的です。葉が桐の葉に似ていて、ご飯を包むのに使われたことから「飯桐(イイギリ)」と名付けられたそうです。
科名/属名:イイギリ科イイギリ属
学名:Idesia Polycarpa
原産地:日本~台湾
見頃:10~11月
散策マップをダウンロード
ページトップ 
東京ディズニーシーの見どころ 
科名/属名:ヒユ科アルテルナンテラ属
学名:Alternanthera ficoidea
原産地:熱帯アメリカ
見頃:9~11月
散策マップをダウンロード
テランセラ 未知と冒険が待っている宇宙と未来の世界 トゥモローランド
秋になると黄色と赤色に色づくテランセラは、その美しい葉の色を楽しむ観葉植物として人気があります。敷き詰めて植えるとその色彩が見事なので、広く花壇に利用されています。
ページトップ 
東京ディズニーシーの見どころ 
タブ(木) 未知と冒険が待っている宇宙と未来の世界 トゥモローランド
照葉樹林の代表的樹種のひとつで、秋冬でも美しい緑色の葉を保つタブの木は、各地に立派な大木が見られます。4~6月に黄緑色であまり目立たない花を咲かせ、8~9月ごろには、球形で黒い果実が熟します。
科名/属名:クスノキ科タブノキ属
学名:Machilus thunbergii
原産地:日本~中国
見頃:通年
散策マップをダウンロード

キャストからの一言 ~植裁担当キャスト 天野 元 ~

高さ15mを超す様な物も有る大高木で、日本の暖地に4種類自生しています。木全体に4~5月頃花を付け、実は9月頃黒紫色に熟し食べる事が出来ます。日当りを好みますが多少の日陰には耐え、生育旺盛で育てやすい樹種ですが、大木になるので一般家庭には向きません。クスノキに似ているのに材が劣っているからと、イヌグスというありがたくない名前を付けらていますが、樹皮が薬用になったり、樹液が黄八丈などの染料になったりと、とても役に立つ植物です。


この木の全体写真を見て何か気がつきませんか?昔話題になった‘この木何の木’に似ていませんか?もちろん本物はこの樹種ではありませんが、この木も植え付けた時はずっと小さかったのに、パークオープン以来25年かけてこの形に、この大きさになりました。これからも元気に育てて行こうと思います。
ページトップ 
東京ディズニーシーの見どころ 
科名/属名:キク科キク属
学名:Dendranthemum × grandiflorum
原産地:中国
見頃:11月
散策マップをダウンロード
スプレーギク ディズニー映画の主人公に出会える夢と童話の世界 ファンタジーランド
主に欧米で品種改良された鉢物用品種の菊です。枝先に多数の花を付け、鉢を覆うように咲き誇ります。花は小~中輪中心ですが、白・赤・黄・オレンジ・複色など花色は豊富で、一重・二重・八重など花型も多数のバリエーションがあります。
ページトップ 
東京ディズニーシーの見どころ