東京ディズニーリゾート・アンバサダー

1965年に「ディズニーランド」で初めてアンバサダーが誕生しました。
当時のウォルト・ディズニーは毎日多忙をきわめていたため、彼にかわって公式行事に出席したり、講演で「ディズニーランド」を紹介したり、「ディズニーランド」を訪れる特別なゲストをご案内したりする役割を務める人が必要となりました。そこで彼は、「ディズニーランド」のキャストの中から適格な人物を選び、その活動を委ねたのです。
そして、アンバサダー誕生より50年の時を迎えた今でも、世界のディズニー・テーマパークでキャストの中からアンバサダーが選ばれ、多方面にわたる活動を通して、世界中の人々にディズニーの夢をお届けしています。また、これまで東京ディズニーリゾート・アンバサダーの任期は1年間でしたが、2015年より2年間となりました。1月1日の就任セレモニーにて伝統あるアンバサダーピンを引き継ぎ、2年間「東京ディズニーリゾート」のキャストを代表する親善大使として活動していきます。
 

2015-2016年 東京ディズニーリゾート・アンバサダー 今枝 李衣奈

みなさん、こんにちは。
東京ディズニーリゾート・アンバサダーの今枝 李衣奈です。

私のアンバサダーとしての活動もいよいよ2年目に入りました。昨年は初めてのことばかりで少し不安もありましたが、新たな発見の連続で刺激的な毎日でした。たくさんのゲストの皆様と出会い、ディズニーの夢や魔法を通して楽しい時間を一緒に過ごすことができ、とても幸せな1年でした。

今年はこれまでの経験を活かし、さらに視野を広げて、様々なことに挑戦していきたいと思います。皆様との素敵な出会いや再会も楽しみにしています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。