東京ディズニーシー

モクマオウ

科名/属名
モクマオウ科モクマオウ属
学名
Casuarina stricta
原産地
オーストラリア南部
見頃
通年

身近なようで不思議。想像力をかきたてる、”モクマオウ”

とても細い葉を垂れ下がるように茂らせるモクマオウは、高さ10メートルほどにも育つ常緑高木。熱帯地方の海岸や乾燥地に多く、乾燥に耐えるために葉がウロコ状になったとされ、よく見るとたくさんの節があるのが特徴です。松と間違われることが多いため、意外と身近なところでモクマオウとは知らずに出会っているかもしれません。海岸で防風林として使われるほか、建築材料や燃料材、樹皮は染料になるなど、いろいろなところで人の役に立っている植物です。

パークにまつわるエピソード

松の葉を長く柔らかくしたような形の葉、そして垂れ下がる枝から、あなたは何を想像しますか? アラビアの砂漠の熱風に耐えているような頼もしさ。それとも、マーメイドたちのいる海中に漂っている海草。アラビアンコーストとマーメイドラグーンの境界にあるのが、モクマオウ。見る人の想像力によって、いかようにも見え方を変える不思議な植物です。

撮影のポイント

細く節のある葉にピントを浅く合わせると、葉の特徴が際立ちます。風の影響が少ないタイミングを狙って、シャッターを切りましょう。
 

散策マップ

散策マップ

モクマオウ

マーメイドラグーン
グロットフォト&ギフト付近

周辺の主な施設
アトラクション
スカットルのスクーター
ショップ
グロットフォト&ギフト

今シーズンの花と緑

  • カワヅザクラ
  • カンツバキ
  • ガーデンレタス
  • モクマオウ