東京ディズニーシー

ウンナンオウバイ

科名/属名
モクセイ科ソケイ属
学名
Jasminum Humile
原産地
中国雲南地方
見頃
3月~6月

ロストリバーデルタに熱帯のカーテンをかける”ウンナンオウバイ”

ウンナンオウバイは、2メートルほどになる半つる性の常緑低木。名前にもなっている中国の雲南地方が原産で、日本に伝わったのは明治時代の初期だといわれています。細い枝が長く垂れ下がる性質で、その枝中に美しい黄色い花をたくさんつけます。芳香で有名なジャスミンの仲間ですが、ウンナンオウバイの花にはほとんど香りはありません。やわらかに垂れる枝から満開に咲く花は見応えがあり、十分に目を楽しませてくれます。

パークにまつわるエピソード

熱帯の花盛りの雰囲気を出してくれるのが、ウンナンオウバイ。満開の時期は、ロストリバーデルタの川に向かって花のカーテンのようになります。花のない時期でも枝が光沢のある緑色なので、後ろの岩と調和してインディジョーンズの世界を演出しています。

撮影のポイント

この花は東京ディズニーランドのクリッターカントリーでも観ることができます。スプラッシュマウンテンとお花のアーチをいれて撮れる場所があるのでぜひ挑戦してみてください。
 

散策マップ

散策マップ

ウンナンオウバイ

ロストリバーデルタ
ハンガーステージ付近

周辺の主な施設
アトラクション
インディ・ジョーンズR・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
ショップ
ロストリバーアウトフィッター
レストラン
ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ

今シーズンの花と緑

  • シモツケ
  • こんにゃく
  • オウバイ(雲南黄梅)
  • セイヨウバクチ