今シーズンのみどころ、東京ディズニーシー

バラ“ミラト”

キングプロテア

バラ“ミラト”

アメリカンウォーターフロントであなたを待つ素敵なドレスで着飾ったバラ“ミラト”

品種改良により作出されたバラ“ミラト”。光沢のある深緑の葉の合間に小さくまとまりながらピンクの花を咲かせます。小さな花びらのフリルをまとう姿は、ピンクのドレスを着たとても愛くるしい女性のようです。微香ながらもバラ特有の甘い香りを持つため、パークを散策の際に見かけたら、そっと顔を近づけてみてください。

  • 科名/属名 バラ科バラ属
  • 学名 Rosa cv. Mirato
  • 原産地 ドイツ
  • 見頃 5月~6月

散策マップダウンロード

愛を振りまき、たくさんの愛をもらうピンクのバラ

真紅の情熱的なバラに比べて、柔らかいイメージのあるバラ“ミラト”。バラは色により花言葉での意味が異なりますが、ピンクのバラは見た目の印象同様、上品な美しさにまつわる言葉が多いようです。その中でも特に印象的な花言葉が “赤ちゃんの誕生”。みんなから愛される存在の象徴であるような、優しい意味がこめられている言葉です。優しい印象の淡いピンクのバラ“ミラト”は、その言葉にぴったりな花です。

東京ディズニーランドの見どころ

  • ページトップへ
  • 花と緑トップへ

キングプロテア

新緑のロストリバーデルタを南国にエキゾチックなキングプロテア

熱帯アフリカに115種類もの仲間をもつプロテア。高さ1.5mほどに成長するものや、花びらの色も様々な種類が存在しています。その中でも代表的な品種とされるのが、このキングプロテアで、桃紫の花びらをダイナミックに広げた姿は、約30cmにもなります。ハワイではホテルやレストランのフラワーアレンジメントとしてふんだんに使われるなど、南国花特有のエキゾチックな雰囲気も持っているため、パークの散歩をより異国情緒あふれたものに演出してくれています。

  • 科名/属名 ヤマモガシカ科プロテア属
  • 学名 Protea cynaroides
  • 原産地 南アフリカ
  • 見頃 4~6月

散策マップダウンロード

“王者の風格”を持つ迫力満点のキングプロテア

キングプロテアの花言葉は、“王者の風格”です。低木でありながら色彩鮮やかで、大きく咲き誇る花は、花言葉の通り威風堂々とした立ち居振る舞いを見せてくれます。圧倒的な迫力を持つため、家庭で生け花にする際は、一輪挿しにしても存在感を発揮してくれるでしょう。また、南アフリカ共和国の国花に定められており、国を象徴する花としても活躍しています。

植栽キャストから一言 ~植裁担当キャスト杉浦 健~

キングプロテアは、南アフリカのケープ州に広く分布し、沿岸性と高山性の二つに分かれます。この二つは性質も形状も異なり、高山性の方が花も背丈も大きく花期も長いので、通常はこちらが栽培されています。1976年に南アフリカの国花に制定されました。

こだわりポイント

プロテア属の直立性の種は花に蜜が多く、シュガーブッシュと呼ばれるほどで、ほとんどの種はシュガーバードによって受粉しています。花が豪華で花持ちがいいので、切花としても人気が出てきましたがドライフラワーにもなります。雨や潅水の後で葉が濡れている時に切花をすると、葉が黒くなるので必ず乾いた時に切って下さい。

生育のアドバイス

酸性土壌を好むキングプロテアは、乾燥に耐えますが本来は適湿を好むので、水はけの良い砂壌土に植え、風通しをよくして管理します。肥料分が多いと花付が悪くなるので、よほどの事がない限り施肥する必要はなく、特にチッソとカリ分は必要ありません。増殖は実生か挿木で、実生でも2~3年で開花するものがあります。

東京ディズニーランドの見どころ

  • ページトップへ
  • 花と緑トップへ