今シーズンのみどころ、東京ディズニーランド

モンステラ

ヘディキウム cvエリザベス

モンステラ

アドベンチャーランドを演出するワイルドな“モンスター”

深い切れ込みが入ったり、穴があいていたり、独特な形をした葉を持つモンステラ。個性的な葉をモチーフにしたイラストや雑貨があるほど、人気がある植物です。また、非常に丈夫で育てやすく、どんな雰囲気にもマッチする観葉植物としても人気があります。和室には落ち着いた風合いを、洋室には南国ムードを演出してくれます。

  • 科名/属名 サトイモ科モンステラ属
  • 学名 Monstera deliciosa
  • 原産地 メキシコ~中央アメリカ
  • 見頃 通年

散策マップダウンロード

“モンステラ”は、“モンスター”だった!?

見た目がユニークなモンステラの名前の由来は、英語の「モンスター」から来ていると言われています。「モンスター」は、ラテン語で「モンステラ」。不規則でワイルドな葉、エキゾチックなたたずまいを見ると、その由来も納得です。遠目から見てもすぐにわかるモンステラをアドベンチャーランドで見かけた際は、そのワイルドな「モンスター」ぶりに注目してみてください。

東京ディズニーシーの見どころ

  • ページトップへ
  • 花と緑トップへ

ヘディキウム cv エリザベス

アドベンチャーランドに爽やかな香りを放つ“朱い花”

ショウガの仲間のヘディキウム。江戸時代に香辛料として日本に伝わってから、観賞用に品種改良されました。百合に似た白い花びらを持つものが一般的ですが、アドベンチャーランドで見ることのできるヘディキウムは、鮮やかな朱色の花びらを持つ品種です。笹に似た淡い緑の葉の合間から小さくまとまって咲く花は異国情緒があり、これからの夏の雰囲気にピッタリです。

  • 科名/属名 ショウガ科ヘディキウム属
  • 学名 Hedychium coccineum cv. ‘ Elizabeth ’
  • 原産地 インド・マレーシア
  • 見頃 6月~9月

散策マップダウンロード

先祖は香辛料、香り豊かな夏の花。

もともと香辛料として日本に伝わったヘディキウム。品種改良されても、香りが良いのが特徴です。香水の原料として使われたり、食用品種を氷砂糖と焼酎でつけた、ジンジャー酒の材料として使われることもあるそうです。また、ショウガの仲間で百合の花に似ていることから“ジンジャーリリー”とも呼ばれています。

植栽キャストから一言 ~植裁担当キャスト 杉浦洋一 ~

ヘディキウムは、日本で作られた品種がたくさんあり、その花色も白、ピンク、オレンジなど、華やかな色合いが多いのが特徴です。ハワイでは「レイ」にも使われるようで、トロピカルな雰囲気を持っています。また、独特の強い香りは夜になると一層増すようで、香水の原料に使われるほどです。

こだわりポイント

球根植物で、熱帯、亜熱帯に多い植物のため暑さには強いほうですが、寒さにはあまり強くない植物です。そのため、一般的には冬になると鉢上げして温室で保管しますが、毎年掘り下げると花数が減ってしまうため、覆土やビニールカバーなどを使い、戸外で越冬させるといいようです。

生育のアドバイス

湿り気の多い砂地を好む植物なので、乾燥に注意してください。また、室温であれば15℃以上で問題なく成長をつづけますが、一年を通して日照時間の短い期間に花を咲かせる「短日性」の植物のため、通常花を咲かせるのは初秋頃からになります。夏に花を見たい場合は、日照管理をする必要があります。

東京ディズニーシーの見どころ

  • ページトップへ
  • 花と緑トップへ