東京ディズニーシー

キャベツ ニューヨークとケープコッド―20世紀初頭のアメリカの郷愁― アメリカンウォーターフロント
日本の食卓に欠かせない野菜であるキャベツは、18世紀にオランダから観葉植物として持ち込まれました。食用となったのは、明治以降から。冬キャベツは葉が肉厚で甘みがあり、煮込み料理に向いています。
科名/属名:アブラナ科アブラナ属
学名:Brassica oleracea var. capitata 
原産地:地中海沿岸地方 
見頃:11~12月
散策マップをダウンロード
ページトップ 
東京ディズニーランドの見どころ 
科名/属名:ミカン科ミカン属 学名:Citrus limon 原産地:インド北東部 見頃:12~1月
散策マップをダウンロード
レモン ロマンティックな南ヨーロッパの港町 メディテレーニアンハーバー
レモンは、紫色のつぼみをつけた後、果実と同じ香りのする白またはピンクの美しい花を咲かせます。初冬につける果実は緑色をしていますが、冬が深まり実が熟すと、鮮やかな黄色に変化します。
ページトップ 
東京ディズニーランドの見どころ 
ダイダイ ロマンティックな南ヨーロッパの港町 メディテレーニアンハーバー
ダイダイは、初夏に花を咲かせ、冬になると果実を実らせます。この果実の色が、「橙(だいだい)色」です。
元々の名前の由来は、そのまま2~3年は実を落とさないことから「代々(だいだい)」と呼ばれるようになりました。
科名/属名:ミカン科ミカン属
学名:Citrus aurantium
原産地:インド
見頃:12~1月
散策マップをダウンロード
ページトップ 
東京ディズニーランドの見どころ 
科名/属名:ユリ科ホトトギス属
学名:Tricyrtis hirta 
原産地:日本
見頃:9~12月
散策マップをダウンロード
ホトトギス 中央アメリカの失われた古代文明 ロストリバーデルタ
白地の花びらについた濃紫の斑点が、鳥のホトトギスに似ていることから名づけられたホトトギス
その花びらに加え、葉の付け根から咲く花の形がとてもかわいらしく、人気があります。

キャストからの一言 ~植栽担当キャスト 加藤 哲也~

鳥の名前がそのまま付いている唯一の植物です。ホトトギスの胸毛と花びらの斑点が似ている事から名付けられたそうで、東アジアに19種、日本に13種自生しています。日本の自生地は関東・新潟以西で、室町時代ぐらいから鑑賞用として栽培されていました。中国では葉に油の垂れたような黒い斑点が有る事から油点草と呼ばれ、日本でもこの字を当てる事が有ります。


半日陰で適当な湿気が有り水はけの良い場所に植付けます。葉焼けを起こしやすい種類も有るので、夏季は葉水などの防止策が必要です。また、土を乾かし過ぎると下葉が黄色くなってきます。増殖は株分け・実生・挿芽で行います。一つの花の寿命は4日程ですが、夏から秋遅くまで花を咲かせ続けるけなげな姿から、花言葉は「永遠にあなたのもの」だそうです。
ページトップ 
東京ディズニーランドの見どころ