東京ディズニーランド

ホルトノキ アメリカ河のほとりに広がる小動物たちの郷 クリッターカントリー
ホルトノキは常緑の植物ですが、古い葉は赤く紅葉します。そのため、一年を通していつでもどこか赤く色づいている葉があるのが特徴です。大きくなると30mもの高さになる木で、冬になると指先ほどの黒い実をつけます。
科名/属名:ホルトノキ科ホルトノキ属 
学名:Elaeocarpus sylvestris var. ellipticus 
原産地:本州、四国、九州、台湾、インドシナ 
見頃:通年
散策マップをダウンロード
ページトップ 
東京ディズニーシーの見どころ 
科名/属名:アブラナ科アブラナ属 
学名:Brassica oleracea var. botrytis 
原産地:地中海沿岸地方 
見頃:11月~12月
散策マップをダウンロード
カリフラワー ギャグとユーモアがあふれるミッキーと仲間達の住む街 トゥーンタウン
カリフラワーは地中海原産のキャベツの一種です。日本では緑の葉に包まれた白い花蕾が一般的ですが、オレンジ・紫など、カラフルなものもあります。
ページトップ 
東京ディズニーシーの見どころ 
ストック(ヴィンテージホワイト) フロンティアスピリットが息づく西部開拓時代のアメリカ ウエスタンランド
ギリシャ時代は、薬草として利用されていたストック。現代では、香りの良いピンク、紫、白などの華やかな八重咲きの花として人気があります。花言葉の「思いやり」からも優しい気持ちになれます。
科名/属名:アブラナ科アラセイトウ属
学名:Matthiola incana
原産地:地中海沿岸地方
見頃:12月~2月
散策マップをダウンロード
ページトップ 
東京ディズニーシーの見どころ 
科名/属名:マツ科トウヒ属
学名:Picea pungens var. glauca
原産地:アメリカ西南部
見頃:通年
散策マップをダウンロード
プンゲンストウヒ フロンティアスピリットが息づく西部開拓時代のアメリカ ウエスタンランド
円錐型の樹形で、銀青色の美しい葉色をもつプンゲンストウヒは、クリスマスツリーに最適な木です。冬の東京ディズニーランドでも、クリスマスや新年の雰囲気を盛り上げてくれます。

キャストからの一言 ~植裁担当キャスト 高島 亜由美 ~

欧米で庭木として人気の有る樹種で、品種も沢山紹介されています。ここに有るのは“ホープシー”という銀青色が最も目立つ種類です。アメリカのコロラド・ユタ州の原産で、30~40mぐらいになりますが、寒い地方の植物なので成長は遅いです。低温と適度な湿気を好むので、日本の夏の高温多湿は苦手で、平地の強光線のもとでは葉が日焼けを起こす場合が有ります。ここに植えてあるものは、北海道で栽培したものを運んできました。


意外かもしれませんが、真冬に掘って運んで植えるのです。増殖は普通実生か接木で、品種物の場合は接木が一般的です。移植・栽培は比較的容易なので公園・植物園などでも良く見られますが、排気ガスなどによる大気汚染に弱いと言われています。放っておいても奇麗な円錐形になり生育も遅いので、お庭に一本クリスマスツリー用にどうでしょう。

ページトップ 
東京ディズニーシーの見どころ